FC2ブログ












Ustreamのライブ配信用の記事です。

iPhoneに「Ustream Live Broadcaster」をインストールしてみましたんで、”ネタ”ができたら、ライブ中継してみたいと思います。

中継開始のタイミングはTwitterに自動投稿するようにアプリに設定しました。

中継開始と同時に「I'm broadcasting, from my iPhone, live on Ustream. Come watch!」とつぶやきますんで見に来て下さいな。

ちなみにTwitterのアカウントはhira_chanです。よろしく!

Free TV Show from Ustream


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(動画編その3)

ドアラの「燃えよドラゴンズ!」はもはや伝統芸能の域に達してます。(笑)

マリーンズの応援歌のときのオタ芸も笑えます!

HD再生を標準にしてますので回線状況の悪い方は右下の「720p」を押して「480p」又は「360p」でご覧下さい。


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(5/19試合後編)

いよいよ交流戦の写真を紹介するのは最後となりました。

ただ、試合後のステージは動画をほとんど撮っていたのであまり写真がありません。

駆け足でご紹介!

Dsc_0082

Dsc_0083

ドアラ一番偉そう。(笑)

Dsc_0088

どしたドアラ?(笑)

Dsc_0095

Dsc_0096

Dsc_0101

あとは動画をいくつかUPする予定です。しばらくお待ち下さい。


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(5/19スタジアム編)

お待たせしました。5/19のスタジアム編・・・の前に、試合前でまだいい写真が1枚残ってたのでご紹介。

Dsc_0309

はい。ではスタジアム編突入しましょう。試合前のオープニングダンスから!

Dsc_0004

ドアラ、後ろ向いちゃってますが。

Dsc_0009

ドアラはオーロラビジョンも使いこなしますよー。

Dsc_0011

始球式で打席に立つドアラとマー様。キャッチャーも2人です。

1コマ目。

Dsc_0013

2コマ目。

Dsc_0014

3コマ目。ドアラはしっかりバントに切り替えた!(笑)

Dsc_0015

写真撮影会の様子。ドアラ静止?(笑)

Dsc_0019

ドアラ達と一緒に写真を撮ることができます。自分のカメラをM☆Splash!!のお姉さんに渡して撮ってもらいます。

Dsc_0021

5回終わりの花火。ドアラのオーロラ芸をご堪能下さい。(笑)

Dsc_0029

Dsc_0033

Dsc_0035

Dsc_0037

雨もなんのその。ビニール袋でカバーです。(笑)

COOLはしっかりカッパです!

Dsc_0040

投球練習中の吉見投手。こんなに近くで撮れるのはFWシートならではでしょう。

Dsc_0042

続いて、バッティングシーンを3人ご紹介。まずはブランコ選手。

Dsc_0062

続いて、マリーンズのキム テギュン選手。

Dsc_0070

最後に豪快なスイングのセサル選手。

Dsc_0076

試合後編に続きます。。。写真少ないですけどね。


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(動画編その2)

動画をUPしたのでご紹介。おなじみの「LOVE&JOY」です。 マー様疲れちゃって大変です。(笑)

HD再生を標準にしてますので回線状況の悪い方は右下の「720p」を押して「480p」又は「360p」でご覧下さい。


[ 2010/05/28 08:59 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

今年も千葉マリンにドアラがやってきた(5/19試合前編 その2)

お待たせしました!5/19試合前編の続きです。まずは定番の「Love&Joy」から。マー様もご一緒に!

Dsc_0182

最後の「ハイ、ポーズ!」。

Dsc_0195

チアドラとM☆Splash!!のコラボ!

Dsc_0207_2

Dsc_0226

Dsc_0230

そして、今シーズンの問題作(笑)「犬のおまわりさん」。

Dsc_0234

気を取り直して(笑)チアドラの元気いっぱいのダンスを。

Dsc_0261

Dsc_0264

Dsc_0315

次は「スタジアム編」の予定です。しばしお待ち下さい。


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(5/19試合前編 その1)

交流戦2日目に行ってみますか。

ステージイベントが始まる午後4時が近づくにつれ雨が強くなってきて、イベント開催が危ぶまれましたが、なんとか予定通り行われました。

まずは、マリーンズキャラクターショー「リーンちゃんのO・HA・NA」から。

雨に濡れながらも元気なダンスを見せてくれるマー様たちやM☆Splash!!を見ていたら、胸が熱くなりましたよ。

Dsc_0012

こなつお姉さんはMCもダンスもこなすマルチなお方。

このお姉さんがいるからステージは盛り上がるのです!みなさんよーく覚えておくように!

Dsc_0016

Dsc_0019

Dsc_0035

ドアラ登場!応援団の身振り「フレーフレー」のワンカット。

Dsc_0043

Dsc_0057

Dsc_0082

Dsc_0093

今年もやってきました。「だいな そうえもん 殿」です。

彼は正式に中日ドラゴンズのマスコットキャラクターになりたいそうです。(笑)

Dsc_0097

そうえもん殿に続いては、もちろん「D-Stage LIVE」です!

チアドラもM☆Splash!!に負けないくらい元気いっぱいのダンスを見せてくれました!

Dsc_0119

Dsc_0121

Dsc_0122

Dsc_0125

Dsc_0150

Dsc_0154

Dsc_0166

Dsc_0172

続きはしばらくお待ちを。。。


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(5/18スタジアム編)

試合前のステージイベントが終わり、スタジアム内に移動です。昨年同様FWシートでの観戦です。

ドアラファンの方お待たせしました!フリーダムなドアラ先生。3連発でいってみましょう。

Dsc_0103

この日のマリンは寒かった。で、ファンのみんなに「寒いよね~」のポーズ。(たぶん。。。)

Dsc_0107

気に入ってるんですね。そのポーズ。。。

Dsc_0117

さて、試合が始まり。どんどん進んで。。はしょりはしょりで浅尾投手登板!(どんだけ~)

森コーチに怒られ・・・もとい、指導を受けております!の図。

Dsc_0159

じゃ、そのまま浅尾くん特集で3枚いきます。

Dsc_0163

Dsc_0165

Dsc_0175

浅尾投手は打者6人に対して3三振を奪う素晴らしいピッチングでした。

ただ、残念ながら試合は負けてしまいました。やはり風を味方にできるのはマリーンズということなのか。。。

<おまけ>

最後に試合後のステージイベントを1枚だけ。

「動画編」としてUPした内容がまさに「試合後のステージイベント」なのですが、前座的にキャラクター達が登場したのでパチリ。

Dsc_0196

マー様が「おかんむり!」で、ドアラが「捕ったどー!」。。。ではありません!(笑)

これは「角だせ!」「槍だせ!」 そう、かたつむりの曲に合わせてのでしたー。

こなつお姉さんから、あまりにもデキが悪いとのお叱り(別名:デキが良いとのお褒め)を頂き、
翌日までにちゃんと仕上げて来い(別名:全く同じかヒドくしてこい)との指令を受けておりました。

次の記事は「5/19試合前編」の予定。しばらくお待ちください。


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(5/18試合前編)

交流戦初日のマリンスタジアム、天気は良かったのですがが凄かったです。

そんな中はじまったステージイベント。ほとんどビデオを回していたのですが、写真も少し撮ったのでUPします。

まずは、マリーンズキャラクターショー「リーンちゃんのO・HA・NA」でのマーさまドアップ!

Dsc_0010

続いては「D-Stage LIVE」 チアドラ登場です!

Dsc_0013

Dsc_0015

Dsc_0023

Dsc_0025

・・・とくれば、もちろん続いては「M☆Splash!! ショー」ですよ。

Dsc_0048

Dsc_0074

Dsc_0078

Dsc_0079

あ。。。ドアラ、シャオロン、パオロンの写真が一切ないですね。。。すいません!

次の「試合中&試合後編」で登場しますんで。


今年も千葉マリンにドアラがやってきた(動画編その1)

予告編に続きまして紹介するのは一番お気に入りの「動画」です。

交流戦初日(5/18)試合後の「マリーンズ&ドラゴンズ featuring nobodyknows+ スペシャルショー」です。

いやーnobodyknows+の「ココロオドル」いいっすねー!それにドアラのハイテンションダンスもちょー楽しい!

補足:今回の動画はD90ではなく、SONYのハンディカム「HDR-XR520V」ってやつで撮影したのですが、
夜でもかなり綺麗に撮れるのでビックリしました。

HD再生を標準にしてますので回線状況の悪い方は右下の「720p」を押して「480p」又は「360p」でご覧下さい。


[ 2010/05/22 00:00 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

今年も千葉マリンにドアラがやってきた(予告編)

Dsc_0126

撮影:5月18日

今年も交流戦2日間共行って来ました。まずは取り急ぎの予告編。今年はチーバくんも参戦です!

今回も動画メインで撮りましたが、ちょっと編集に時間がかかりそう。しばしお待ち下さい。


Nha viet Nam(ニャーヴェトナム)@千葉そごう店

Dsc_0003

揚げフォーの肉味噌あんかけ

フォーってあげるとスナック菓子みたいになるんですね。野菜たっぷり、ヘルシーです。

Dsc_0005

フエの辛口スープのフォー ”フォー・ボー・フエ”

5月限定のメニューですので、食したい方はお早めにどうぞ。

お店の場所は千葉そごうの10階です。


外人墓地~元町~赤レンガ倉庫

Dsc_0064

Dsc_0066

Dsc_0086

Dsc_0092

Dsc_0097

Dsc_0106

Dsc_0129

撮影:5月4日


[ 2010/05/16 22:42 ] 夜景 | TB(0) | CM(0)

築地のらぁ油?

Dsc_0016

築地の高級日本料理店「竹若」が発売した「ご飯のお友」シリーズをゲットしました。

この「ご飯のお友」シリーズ商品のうち、2点はいわゆる今流行の「食べるラー油」ってやつです。

はたしてモモラーやエスラーと比べてどうなのか?!気になるところです。。。

Dsc_0036

まずは「魚介系にんにく」ってやつをご紹介。

ガーリックがでかい!味は・・・かつおのだしがきいてるせいかモモラーよりうまみが強いですねー。

モモラーよりちょい辛いところもいいじゃないですか。

ただ、モモラーはモモラーで別の良さがあり、甲乙はつけられないです。。。

Dsc_0089

つづいて「まぐろ入り高菜」いってみますか。。。

あーこっちの方が好きだわ。高菜がしっかり入っていて、辛さのアクセントもあって、
ご飯のおかずとしてどんどん食べれちゃいます。

3点の中では私はコレをオススメします!

Dsc_0159

最後に「ほぐし身シャケ」を。。。

塩はほんのり効いてる感じです。それと、身がパサパサしていないので、
普通に焼いたシャケを食べてる感覚に陥ります。

フレークの瓶詰めとしてはかなりグレードが高いのではないでしょうか。

と、いうことで、モモラーやエスラーが買えなくてイライラしている方は買ってみてはいかが?


[ 2010/05/12 02:48 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

ベーリックホール@横浜

Dsc_0020

Dsc_0026

Dsc_0027

Dsc_0029

Dsc_0031

Dsc_0032

Dsc_0036

Dsc_0046

Dsc_0051

撮影:5月4日

1930年(昭和5年)に建てられた趣のある建築物。

そもそもは、英国の貿易商で、ベリック商会の経営者として知られるバートラム・ロバート・ベリックの私邸として建てられたそうです。

現在は横浜市が所有し、無料で内部を公開しています。

場所は元町公園内のすぐとなりです。GWということもあってか、沢山の人が訪れていました。


[ 2010/05/09 16:11 ] 神奈川 | TB(0) | CM(1)

ショパンイヤーということで。

今年はショパンイヤー。ショパンの曲を紹介するのも良いかと思い立ちました。

第一弾は練習曲Op.10-2。40年(45年?)前の若かりし内田光子さんです。

彼女は第8回ショパン国際ピアノコンクールで2位になりました。現在までの邦人最高位です、2位は。


[ 2010/05/06 00:47 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

マノア・アロハテーブル@コレットマーレ

Dsc_0122

アヒポキ(マグロをぶつ切りにしたマリネ)とグアバジュース。

Dsc_0123

シュリンプ・ビスクのトマトクリームソーススパゲティ。カニやエビのエキスがたっぷりの贅沢なソース。

Dsc_0124

オリジナル・ロコモコ。写真では分かりづらいですが、ハンバーグがでかい!

Dsc_0126

今年3月19日にオープンしたばかりのコレットマーレの1Fにある「ハワイアンダイニング・カフェ&バー」です。

場所は桜木町駅のすぐそばです。


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2010

Dsc_0074

Dsc_0078

Dsc_0085

Dsc_0089

Dsc_0092

Dsc_0101

Dsc_0104

Dsc_0105

撮影:5月3日(月)

今年のテーマは「ショパンの宇宙」。今年はショパン生誕200年ですからね。


[ 2010/05/05 16:25 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

イーヴォ・ポゴレリッチ現る!@ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

Iphone_001

(写真上:2010/5/3 ポゴレリッチの公演終了直後の東京国際フォーラム ホールAの様子。iPhoneにて撮影)

初めてポゴレリッチと言う人を知ったのは今から24~25年位前だろうか。

第10回ショパン国際ピアノコンクールでの彼の演奏を収めたレコードを中古レコード屋で購入したのがきっかけです。

その名も「激奏・ポゴレリッチ・ライヴ」。副題に「現代ピアノ奏法に痛烈な一打を与えた異色の新人!」なんてあります。

Dsc_0132

何でこのLP盤を買おうと思ったのかあまり記憶にないのですが、おそらく裏面のライナーノート※を読んで衝撃を受け、どんな演奏か興味が沸いたのだと思います。

(※彼は本選に進めなかったのですが、そのことに抗議した審査員のマルタ・アルゲリッチが本選の審査を辞退してしまった!)

私はそのレコードに収められたショパンのスケルツォ第3番を聴いて、その無機質で猛烈なスピードのコーダになぜか涙が出るほど感動したのです。

時は流れて3年前。ようやく初めて彼の演奏をサントリーホールで聴き、その演奏に酔いしれましたが、そのときは残念なことにショパンはプログラムに入っていませんでした。
(アンコールでノクターンを1曲やったかな?)

今回は”ポゴレリッチの”ショパンが聴けるということで期待してたわけですが。。。

まず、スキンヘッドじゃ無くなっていることにビックリしました。(笑) それと。ちょっと太った?

肝心の演奏についてですが。(私の)歴史に残る素晴らしい演奏でした!名演と表現していいのかは判りませんが。(怪演?)

音楽として成立したのは指揮のゲオルグ・チチナゼとオケのシンフォニア・ヴァルソヴィアが完璧なサポートをしたからと言っていいでしょう。

第三楽章が終わり、熱烈なブラボーの嵐とスタンディングオベーションが起こる中、私はまずチチナゼさんとシンフォニア・ヴァルソディアに拍手を送りました。

よくぞポゴレリッチの意を汲んでくれたと。そして支えきってくれたと。

ポゴレリッチの演奏についてはtwitter上でもいろいろ語っている人がいますが、賛否両論のようですね。ブーイングも確かにあったような気もしますし。。。

ただ、わざわざポゴレリッチのチケットを手にして聴きに来て「ブーイング」というのも良く分かりませんけども。。。

ショパンを冒涜していると感じたのかも知れません。ただ、ショパンを弄んだり軽んじたりしているなどとは誰しも思えない演奏だったとは思いますけどね。

第二楽章のスローテンポには”ポゴレリッチのことだから”と予想はしていたものの実際に耳にすることができて、ある種感動すら覚えました。

ただ第二楽章が数箇所ミスがあり、残念。ただ、その第二楽章をアンコールで丸々演奏してくれました。

勝手な憶測ですが、本人もやり直したかったのかなーと。さすがの2回目完璧でした。本人も満足げ(に見えた)

アンコールの第二楽章を終えて大拍手にゆっくりと深々とお辞儀をして答えるポゴレリッチ。

そして「もう終わりです」と言わんばかりに自らピアノの蓋をしめ(笑)、椅子を足でピアノの下に押し込んで、ゆっくりと去って行きました。

今回のステージはクラシックでは珍しくステージ両脇に大画面スクリーンがあり、ポゴレリッチの表情や手元がしっかり見れました。これがとても良かったです。

最後に。彼のいくつかの言葉を紹介します。これらの言葉から、彼はただ奇をてらった演奏をしているのではない。そう理解します。

「もっと若い人に音楽を聴いてもらいたい。ふだん音楽に接していない人にも音楽を聴いてもらいたい。」

(演奏のテンポに関して)「ショパンの耳にしていた社会に溢れる音のテンポと、現代とでは異なる」

「先入観からではなく、もっと自由に音楽をしたい」

ラ・フォル・ジュルネ。聴けたのはこの1公演のみでしたが、満足です。


[ 2010/05/05 14:58 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)