FC2ブログ












松田華音さん&神奈川フィルの演奏を聴きに行ってきた。

IMG_7999_lightroom.jpg


去年リサイタルを聴きに行った松田華音(まつだ かのん)さんのコンチェルトを聴きに行ってきました。

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会
みなとみらいシリーズ第330回

指揮:カーチュン・ウォン
ピアノ:松田華音

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18
ラフマニノフ/交響曲第2番 ホ短調 Op.27

いつものごとくざっくり感想ですが、華音さんの弾きっぷりは実に堂々とした見事なものでした。
テンポは割と落ち着いてて力強さもあり高音の早いパッセージなんかはキラキラしていて、21歳の今の彼女にピッタリな演奏だったと思います。現在もモスクワ音楽院で研鑽を積んでいるところなので、これから先さらに進化した2番が聴けることでしょう。

なんか引っかかる表現をしていますが(笑)率直に言うと優等生的な演奏。優等生とはいい意味でもあり"そうでない"意味も若干ありって感じで、欲を言うならば「これが私のラフマニノフよ!」って"もっと"訴えかけてくるものが欲しかったな・・・。でも今の彼女らしいラフマニノフであったことは間違いないですし、自分の信じる道を突き進んで行って欲しいです。←どっちやねん(笑)

指揮のカーチュン・ウォンさんは1986年シンガポール生まれ。2016年第5回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝した注目の若手指揮者。交響曲第2番でその実力を遺憾なく発揮してくれました。うねりを作り出すのが非常に上手い!長尺の曲でしたが全く飽きさせないし、タクトをダイナミックに振る姿にめっちゃ引き込まれました。最後の楽章が終わった瞬間ブラボー&拍手喝采でしたよ。
華音さん目当てで言ったのにすっかりカーチュン・ウォンさんのファンになりました。(笑)

終演後の華音さんのサイン会でニューアルバム「展覧会の絵」を買い、サインをしてもらいました。ちょっとだけお話をさせて頂きテンションがあがりました。どうでもいいですか?(笑)

さあ、これからニューアルバムを聴きます。


[ 2017/06/17 23:21 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hira0.blog.fc2.com/tb.php/1061-43c398ce