FC2ブログ












辻井伸行 日本ツアー 《ドビュッシー・ラヴェル・ショパン》






興奮冷めやらないうちに文字に起こしておこうと思い“翌日”の早朝の電車内でこれを書いています。(「何故早朝の電車に乗っているのだお前は!」っつう話は…とりあえず今はどうでもいいので…そっとしておきますかね。(笑))
この文字起こしをいつブログにアップするかはまだ決めてはおりませんが、何の“翌日”かって言うと、辻井伸行くん(彼のことは普段“のぶくん”と勝手に呼んでいるせいか“くん”付けがしっくりくるのでコレでいかせて頂きます!)のピアノリサイタルに行ってきた“翌日”なのであります。念願の“のぶくん”のリサイタルのチケット(しかもめちゃくちゃ良席!)が昨年末に奇跡的にゲットでき(言うまでもなくチケットは即日完売)待ちに待った昨日という日に行ってきた、というわけです。

彼のことは多くの方がご存知だとは思いますが、ご存知でない方も中にはいらっしゃるかも知れないので少しだけ触れておくことにします。生まれつき「小眼球症」という病で先天的な全盲で光すらも感じない、そんなハンデを背負いながらピア二ストとして世界中を飛び回っています。第15回ショパン国際ピアノコンクール(地元ポーランドのラファウ・ブレハッチが優勝した回。2005年開催。)に最年少ながら果敢に挑戦する姿をテレビやインターネット越しではあるけれど拝見し応援していました。(結果セミファイナル止まりではありましたが、ポーランド批評家賞を受賞。)その時の彼はまだ17歳。その4年後、20歳の時に臨んだ2009年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでの優勝以降の目覚ましい活躍は…もう書くまでもないですよね。

…で、ピアノリサイタルの話に戻りますが、我らが地元千葉で行われた昨日のリサイタルのプログラムは私にとって完璧のドンピシャ!大好きな曲達ばかりでした。

大和証券グループ presents
辻井伸行 日本ツアー
《ドビュッシー・ラヴェル・ショパン》
2019年1月18日(金) 19時開演 習志野文化ホール


[プログラム]
ドビュッシー:2つのアラベスク
ドビュッシー:映像 第1集(水に映る影/ラモーをたたえて/動き)
ラヴェル:ソナチネ
ショパン:
スケルツォ第1番 ロ短調
スケルツォ第2番 変ロ短調
スケルツォ第3番 嬰ハ短調
スケルツォ第4番 ホ長調



期待が高まる満員の会場。客席の照明がゆっくりとおち、ステージがゆっくり明るく照らし出され、程なくして辻井伸行くんが袖から登場。のぶくんは一人では袖からピアノにたどり着くことはできませんので(ステージには点字ブロックのようなものは当然ございませんので…。)お付きの人(マネージャーさん?)に連れられての登場です。彼の演奏会に行ったことがある方や映像でご覧になったことがある方にはお馴染みの光景だと思いますが、これからすごい楽しいことでもあるのかな?(彼にとってステージでのピアノ演奏とは“ある意味”そういうものなのかも知れませんが。)って感じの登場、まるでディズニーランドにやってきた“お父さん”(子供が主役なのでお父さんはローテンション気味…。失礼!)とこれから起こることへのワクワクが止まらない“子供”のようです。
歓迎の拍手のなか、右に深くお辞儀、真ん中にも深くお辞儀、左にも深くお辞儀、と、会場の皆さんへの丁寧な挨拶を終え、ピアノの椅子に座りました。ベストポジションでなかったのか何度か浅く座り直し、そして鍵盤に手を置き、呼吸を整える少しの間があり、
最初の“アラベスク”が静かに始まりだしました。

始まってすぐに「ああ今日は来て良かったなあ」と思いました。一音一音の音の粒のきらめき、歌うような内声、力強さと優しさを兼ね備えたフォルティッシモ、行き来する強弱、もう素晴らしいとしか言いようがないです。

ドビュッシーを弾き終え、拍手の中いったん袖に戻ってからのラヴェルのソナチネ。高速パッセージは力強くきらびやかに。スピードがハンパない!
後半は大大大好きショパンのスケルツォ。4曲をノンストップで(トータル40分くらいありますよ!)弾ききりました。1曲1曲どれもがあまりにも素晴らしく、曲間に拍手したい気持ちを抑えるのに必死でした。(笑)4番が終わった後、我慢していた分まとめて手が痛くなるほど拍手しました。(笑)にしてもここ「習志野文化ホール」の本日(昨日ですが)のお客様は、普段リサイタルに行かない方も多くいらっしゃったのかしら?満場拍手ではあったものの私には熱量的に物足りなかったです。(これ普通ならブラボーの嵐スタンディングオベーションものでしょう!と思ったものですから…。)
私のすぐそばのおじさまは堪えきれずブラボーでちゃってました。(おじさまよく言ってくれたよありがとー!)

のぶくんは拍手に応えてアンコールを3曲も弾いてくれました。

[アンコール]
ドビュッシー:月の光
久石譲 :The Dream of the Lambs ピアノソロVer.
(映画『羊と鋼の森』エンディング曲)
ショパン:革命のエチュード

「月の光」を偶然でしょうが割と続け様に最近行ったピアノリサイタルで聴いています。2017年11月、サントリーホールで聴いたカティア・ブニアティシヴィリさん、去年9月に聴いたアリス=沙良・オットさん、どれも良かったですが、のぶくんのはそのどれらよりもキラキラと輝く“月の光”でした。眩しいくらい!「月の光と天の河」というタイトルに変えたくなる位です。(激ダサっ!(笑))
「月の光」のあと、のぶくんからのお礼の挨拶と、アンコールに応えての次の曲、久石譲作曲「The Dream of the Lambs」の紹介をしてくれました。この「The Dream of the Lambs」という曲は、この映画の為に久石さんとのぶくんがタッグを組んで使った曲だそうです。本来はオケとピアノの曲ですが今回はピアノソロバージョンということで披露してくれました。この曲もめちゃ良かった!
そしてまさかのトリプルアンコールで「革命」を爆速で弾ききった彼は満場の拍手の中いったん袖に戻り、再び登場し、丁寧にお辞儀をし、そしてそっとピアノの蓋を、閉めました。どうやら袖で関係者の方に「時間いっぱいです」的なことを言われたようです。この「すみませんが終わりです」って感じで蓋を閉める姿がなんだか微笑ましかったです。

…ということで大満足のリサイタルでした!また新たなリサイタルがそのうちあればチケット争奪戦に再び参戦しようとは思います。なかなかに厳しい戦いになる事は容易に想像できますが。。。

長文お付き合いありがとうございました。





羊と鋼の森 オリジナル・サウンドトラック SPECIAL(CD2枚組)




久石譲×辻井伸行 / 世武裕子 / 辻井伸行
avex CLASSICS (2018-06-06)
売り上げランキング: 58







[ 2019/01/20 11:00 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

辻井伸行さんのソロリサイタル

こんにちは. Sorry I cannot write in Japanese. I am in America.
Thank you for sharing your experience. This is music to my ear. I am traveling London for the recital Of Mr. Tsujii in Queen Elizabeth Hall on January 30. The scherzos are on the program!
[ 2019/01/20 14:56 ] [ 編集 ]

Hello. Thank you for writing comments.
1月30日にロンドンで行われるピアノリサイタルに行かれるのですね?それは楽しみですね!きっとあなたにとって忘れられない一日になると思います。
[ 2019/01/20 18:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hira0.blog.fc2.com/tb.php/1152-9315cc0c